So-net無料ブログ作成

マサアキの反抗。 [今週の1枚]

1.jpg

今週は風邪をひいて、鼻水が出るし頭がぼーっとするし。仕事は休みませんでしたけど、そのぶん休日はだらっとしていました。そういうわけで今週の制作はあまり進まず。


第5話は順調に進んでます。 [今週の1枚]

1.jpg

第5話は比較的短い話で、もう全体の40%のところまで制作が進んでいます。作るのが楽ということは、会話シーンが多くてあまり派手な動きが無いということでもあるんですが。


怪談? [今週の1枚]

1.jpg

第5話のタイトルは「幽霊部員」。このタイトルで気づいた人もいると思いますが、怪談っぽい話です。得体のしれない不安感を出すために、落ち着きのない演出にしようと思い、カメラを傾けてみました。効果があるかどうかわかりませんが。


手抜きモデリング。 [制作記]

第5話本編の制作、まずは序盤の合成音声の作成から。CeVIOの新しいバージョンがベータ公開されていて、「抑揚」のパラメータが追加されていました。これをかなり高い値にすると、会話文として自然なイントネーションに近くなり、イントネーションを修正する手間がずいぶん減りました。

それから、3Dモデルについて。今回の話は最初に部室のドアを開けます。

1.jpg

でもこの部室の3Dモデルは、ドアの外は何もありません。第3話のオープニングで使った教室と廊下のモデルを追加してもいいんですけど、

2.jpg 

ドアの外をちょっと見せたいためにこんな重いモデルを配置するのも効率悪いなと思いまして。そこで、このモデルの壁をアップで映した画像を作成し、

3.jpg

それを板ポリゴンにして、同様に床と天井もそれぞれ板ポリゴンにして、

4.jpg

 こんな3Dモデルを作成して部室の外に配置しました。

5.jpg

これでドアを開けても安心。ん?なんか床の色がおかしい。CLIP STUDIO COORDINATEで「3D背景」ではなく「3Dオブジェクト」として作成したので、影が表示されているようです。Y座標をほんの少し上にずらして、影よりも床が上になるようにしておかないと。


食卓 [今週の1枚]

帰省から帰ってきました。実家と妻の実家、合わせて6日間。義父の一周忌をしたり、父の入院している病院にお見舞いに行ったりと、あまり正月らしくない過ごし方でした。

1.jpg

で、第5話の制作として、オープニングの制作に取り掛かりました。CLIPから3D素材をいろいろダウンロードして配置したところです。こんな素材もあるんですね。